ミニマリストを目指す人のブログ

本当に必要なものを残すために、ひとつひとつの「モノ」「コト」と向き合い「必要か?必要か?」と毎日問いかけている。

パソコンを持ち歩くのは止めたけど、どうしてもっていうときには意外とこの方法でよかったんだね。っていう話。

パソコンをリュックに入れて持ち歩くと肩がこるので、パソコンを持ち歩かないことにしたんだけれど、今日はどうしても出先で開く必要があるので、考えた。

そもそも背中に背負うから肩がこるんじゃないかい?

それならカバンを変えてみよう!

と言うことで今日は、手提げのバッグにパソコンを入れて移動した。
そしたら、今日は肩がこらなかった。
なんだ。これだけのことだったのか…

そうだ。
リュックは両手が悪から便利だけど、電車やバスに乗った時、座る場合は背中から降ろさなきゃいけないし、立ってる場合でも邪魔になるからやっぱり背中から降ろしているるではないか。しかも、リュックにちゃんとした持ち手がないから、持ちにくい。

最初から手提げでよかったんじゃない?

まあ、とはいえ必要もないのにパソコンを持ち歩くのはやっぱりに荷物なので、普段はちっちゃいキーボード。今日はパソコン持っていくぞ!の日は、手提げバッグにしよう!

今日、やっぱり砂糖をやめようと激しく思った。

コンビニスイーツに手を出すのをやめてみようと思ったのが2018年夏のこと。

黒ごま豆乳バナナジュースを作ってたんだけれど、寒くなってやめてしまいました。

そしたらやっぱり甘いものが欲しくて、うっかり一階のコンビニに行ってスイーツを買う習慣が戻ってきてしまいました。しかも、昔は寒いからアイス食べなかったのに、今は寒くてアイス食べちゃう。特にセブンのオリジナルアイスは悪魔の誘惑です。

そんなことが半年くらい続いて、二、三日前にスーパーで買ったビスケットを食べたら、翌日「あれ?頭痛い」となりました。

さらに昨日の22時ごろ、お腹が空いて甘いものが欲しくて、またまたうっかり一階のコンビニに行ってしまいました。しかも生クリームとお砂糖たっぷりのパンケーキとのり塩ポテチ。

そしたら今朝、体がだるい。頭がちょっと痛いというか重いというかぼんやりするというか…とにかく不調。

2年くらい前、会社で仕事しながら、もらったお菓子やチョコレートをガンガン食べていて、家で毎日コーラとかも飲んでて、仕事中昼過ぎに頭痛に悩まされることが多かったけど、砂糖の摂取を減らしら改善した時期があった。

あれ、やっぱり間違いなかったんだな。と思う。
影響の出方は人それぞれかもしれないけれど、少なくとも私の体にはいらないもののようです。

はあ〜〜〜でも甘いものは食べたいのだฅ(´・ω・`)ฅ
一階にコンビニがあるのがいけないのかもしれない。そろそろ引っ越し?

 

パソコンを持ち歩くのをやめてみた。

f:id:minicherry0817:20190117222546j:plain

外に出かける時に、もしかしたらパソコンでブログ書いたりするかもしれないと思い、リュックサックにパソコンにいれて出かけることがあります。

でも、カフェに入って食事をしたり、お茶飲んだりしたあと、結局パソコンを1度もひらかずに帰ってしまうことが多いことに気づきました。

で、いつも1.5キロのおもり(パソコン)を肩に背負って筋トレ?
いやいや、ただ肩がこっただけっていうことを数回繰り返しています。

こりゃいかんな。と、

考えた。

どうしてもパソコン使わなきゃいけない時ってどんな時?

  • WordやExcelPowerPointで作業したい
  • Wordpressでも、パソコンじゃなきゃ編集できない一部の機能使いたい時

ブログだったら文字書くだけだ。メモ帳に書ければとりあえずOKだ。
というわけで、左のちっちゃいキーボードを持って歩くことにしました。

前にも持ち歩いていたのに、なんでやめちゃったんだろう?
まあ、しばらく続けてたらやっぱりパソコンが必要だってなるかもしれないからその時に考えよう。

捨てられないものがある人に、試してほしい対策

f:id:minicherry0817:20190111135855j:plain

捨てられない
という言葉をよく聞きます。
母からもらったものだから、
パートナーからもらったものだから、

どうしても捨てられないのなら、いま目の前にあるもののことはいったん置いておいて、これから入ってくるもののことを考えてみませんか?

たぶん、入ってくるもののことを考えずに生活しているので、増える一方なんです。

たとえばデパートに行ってコートが欲しくて買ったら、おそらく後々そのコートは「高かったから捨てられないもの」になります。

誕生日やクリスマスのプレゼントもそうですね。自分が渡すときも、相手からもらうときも、普通にお祝いのしるしとして一生懸命考えて、プレゼントをやりとりします。どうしてもあげたいもの、どうしても欲しいもの、今じゃなきゃやりとりできないものもありますが、「物をあげる」を習慣にしてしまうと、おそらく後々そのプレゼントは「もらったものだから捨てられないもの」になっていきます。

欲しいな、買おうかなと思ったらまず「この価格、後で高かったから捨てられない」ってならないかな?を考えてみてください。同じような雰囲気でプチプラで手に入らないか探してみるといいかもしれません。

ちなみに私は昨年夏、ルミネ新宿の2階フロアで「いいなー」と思ったワンピースがあったのですが値段をみたら一万五千円で(;´・ω・) これは高かったから捨てられないの分類に入るな、もしくは3年くらいずっと着ていそう。となったので、GUに同じようなものがないか探しに行きました。ワンピースはなかったけれど、似たようなトップスとスカートを見つけました。トップスがセールで990円、スカートは1,990円でした。これなら、7月~9月くらいまで着倒して捨てられる!となりました。

f:id:minicherry0817:20190111142553j:plain

誕生日やクリスマスプレゼントは、私は数年前から母に「モノは要らない」をはっきり言っています。だいたい食べるものにしてもらっています。私から母への誕生日プレゼントは、「一緒に出掛けること」にしています。去年はホテルモントレ京都のレストランでコースランチ、京都の町をふたりでのんびりぶらぶら歩いたあと、ホテルのスパに入ってゆっくり過ごしました。おととしは母とホテルモントレ赤坂に4泊(モントレが好き♡)ホテルのレストランディナーで誕生日のお祝いをし、東京観光しました。

プレゼントをくれそうな人は、親しい間柄の人のはずです。こんなお願いはきっとできるんじゃないでしょうか。これを機会にお互いの「もらったから捨てられないよね」を話し合うのもいい機会かもしれません。

自分の手元に入ってくる前にぜひ「捨てられない」になってしまわない

エアコンを使わないように取ってみた対策

f:id:minicherry0817:20190110222102j:plain

エアコン、毎日どのくらいつけてますか?
私の部屋のエアコンは、うるさいのであんまりつけたくないのです。なんでかっていうと古いからですね。
たぶんこのシェアハウスがスタートした7年くらい前から、いやもっと経っているのかな?中古かな?とにかく古すぎて風量調節も、風向き調整もできません。でも一応暖房も冷房も使えるので「交換して~」は言えない状態。

本体カバーが一部ずれていて、じーーーーーって音がなります。なんとかならないかなーって自分で直してみたんだけれども、やっぱりぶーーーーーんって音がするんです。

寒いからつけたい。
でもつけたらうるさい。

そしたら、Facebookで誰かが、古いし捨てようかなと思っていたジャケットを着て家のエアコン切ってみた。っていうことを話してました。乾燥もしないし良いようです。

と言うことで、家にあるものをいっぱい着込んでみましたら、お笑いコンビのようになってしまいました。

f:id:minicherry0817:20190110222421j:plain

ダウンダウン。
ユニクロのダウンジャケットに、ユニクロのダウンベストです。

パソコン、わらかないところがわからなくて説明ができない。

f:id:minicherry0817:20190109224016j:plain

なぜでしょう?
理由は、知らない単語が多すぎるからではありませんか?

たとえば道を歩いて、外国の方に英語でなにか尋ねられた時「あ~この人、地図持ってるし、道を聞いているんだな」はわかっても、これ英語で何っていうんだっけ~?日本語なら説明できるけど、単語を知らないから簡単な説明すらできないよ~となります。

パソコンも同じで、目の前で起こっていることはなんとなくわかるんだけれども、説明するための単語を知らないと説明ができません。

説明するためのボキャブラリーが少ない理由

  • 文字に起こすことがないから

私たちは普段、パソコンなどのIT機器を無言で操作しています。今起こっていること、やっていること、手は動かすけれど、文字に起こすということをしません。

  • 用語を耳にする機会が少ない

パソコン教室に行くと、各部の名称やボタンの名前を言いながら説明してくれます。説明を聞いたときにメモをしたり、何回も何回も先生の口から名称を聞いていると、ある程度耳には残ります。でも、職場や家庭で誰かに教えてもらうときは、「ここを選んで、ここを押して、最後にOKを押して…」名称が出てくることはあまりありません。

また、日常生活でも周りの人とパソコンのことやIT技術のことを話題にする機会も少ないのではないでしょうか。

  • IT技術がどんどん進歩して、新しい用語が増える

パソコンがない時代からパソコンがある時代になり、これまでには使ったことがなかった用語がどんどん増えています。さらに、名称が英単語で長い場合は、頭文字をとって3文字程度のアルファベットになります。例えばUSBは、Universal Serial Busの頭文字をとってUSBと呼んでいます。

パソコンの世界に関わらず、3文字のアルファベットであらわされる用語は、たくさんありますよね?聞いているうちに、パソコンのことなのか、パソコン以外の分野のことなのか、だんだんわからなくなってきます。

今起こっていることを文字にしてみる。

冷静に考えると、意外と知っている日本語で文章を組み立てることができます。たとえば、
パソコンが動かない!
 →電源ボタンを押しても、画面に何も映らない。真っ黒なまま。
 →マウスを動かしても、画面に映っている白い矢印が同じ場所から動かなくなってしまった。
 →Excelを使っているときに、突然文字の入力ができなくなってしまった。

こんな風に置き換えるだけでも、誰かに聞くと「今こうなっていますか?」「もしかして、こうなってませんか?」問題を特定しやすくなる時があります。

私たちは普段、見慣れない状況に遭遇すると慌てるものです。突然大きな地震が起こったり、自転車をこいでいた女の子が目の前で転んだり、あたふたします。パソコンも見慣れない状況が目の前に現れるとどうしていいかあたふたして、何をどうすればいいかわからなくなってしまいます。

そんな時は、ひと呼吸おいて「いま、どうなってる?」自分に聞いてみましょう。そして知っている単語を並べてみてください。わからないを文字にするだけで、人に聞きやすくなったり調べやすくなったりしますよ。

親指シフトを今から習得する必要はあるのか?

f:id:minicherry0817:20190109231612j:plain

皆さんは、親指シフトという入力方法を聞いたことがあります?

katsumakazuyo.hatenablog.com

 私は勝間さんから聞くまで、知りませんでした。
20年近くパソコンのインストラクターやってきたのに、周りの誰からも、一度もこの言葉を聞いたことがなく、昨年、偶然たまたま勤めていた会社の50代の女性から「昔そういえば親指シフトってあったよね」という言葉がポロっと出てきて、そうか、ふつうは話題にならないんだということがわかりました。

3年前にこの言葉を知って、習得してみようかなと思ったのですが、環境が適してなかったので止めました。私は当時パソコン教室に勤めていて、教室にある10台のパソコンを生徒さんが勉強している時に横から操作したり、外部で講座があるときは、その場所に設置されているパソコンを使わなければならなかったため、自分が使うためにパソコンに親指シフト専用のキーボードを使ったり、ソフトを入れたりができなかったんです。

また、専用キーボードやソフトを入れなくても、親指シフトのソフトが入ったUSBをパソコンにさせばすぐに使えるようになるそうですが、勤めていた会社では、このUSBを勝手にさすというのができなかったんです。

と言うことは親指シフト入力の環境を整えられるのは家だけ。家では親指シフトを使い、外ではローマ字入力を使う、二つの入力方法を、交互に使い分けることがはたしてできるのか?わざわざ使い分けをしなきゃいけないんだったら、あえて手を出す必要もないのではないかなと思いました。

でも最近、これはやってみよう!と思うようになりました。

理由はみっつ

ひとつは、昨年MacBookWindowsを入れてみて、ショートカットキーやコントロールキーなどちょっとずつ使い方が違うものを交互に使っていて、意外と使い分けができるんじゃないかなと思ったから。

ふたつめは、会社勤めじゃなくなって、自分が持っている以外のパソコンを使う機会が減ったこと。自分のパソコンしか使わないから、そこまで親指シフトローマ字入力の切り替えの必要がないから。

みっつめは、最近このブログと仕事のブログと、所属しているコミュニティ内と、文章を入力することが増えたので、親指シフトで入力早くなったらいいなと思ったから。

習得したぞ!っていえるようになるまでどのくらいかかるかわかりませんけど、おいおい報告しまーす。