ミニマリストを目指す人のブログ

本当に必要なものを残すために、ひとつひとつの「モノ」「コト」と向き合い「必要か?必要か?」と毎日問いかけている。

視力矯正は必要か?〜オサート3ヶ月目の検診と費用面のこと〜

良好!良好!
昨日、オサート治療開始後3ヶ月目の定期検診に行ってきた。

裸眼の状態とオサートレンズをつけた状態での視力、眼圧、角膜内皮細胞、あと涙の量とかをまず診てもらった。その後レンズがちゃんと眼球に綺麗に付いているかチェックしてもらって診察は30秒で終了。次の検診は4ヶ月〜5ヶ月後で良いそうだ。

初日の検診がおよそ6時間。2回目はおよそ3時間。3回目とそして今回の4回目はおよそ1時間。なかなか予約が取れないし、最初はすっごい時間かかるけど、(あと院長先生の診察の日はすっごい混むけど)良好だと1時間早っ!ってなっている自分。

さてさて、オサートって高いのか?安いのか?
めんどうくさいのかどうなのかっていうことを書いておく。

レーシックをやった友人に聞くと、コースが松竹梅に分かれており(実際のネーミングは違うけどね)大抵の人は竹を選ぶそう。(友人も竹コースを選択)費用は20万円とのことだった。中間のコースを選んでしまうのは、人間の心理らしい。

じゃあオサートは?
オサートの場合、近視・乱視用とか、遠視用とか、カテゴリー分けされていて、先生と相談してアドバイス受けてから決めるから、自分でどれにしたらいいかなって悩むことがない。

で、私が3月の初回診察からかかった費用をざっと計算するとこんな感じ。
初回の診察費用:2,940円(3割負担)
オサートレンズ代:410,400円(保険適用なし)
2回目の診察:1,190円(3割負担)
目薬など:820円(3割負担)
レンズケア用品:6,750円
3回目の検診:970円(3割負担)
レンズケア用品:9,605円
4回目の検診:970円(3割負担)
レンズケア用品:1,230円
各日交通費の合計:864円

計435,739円

まだ治療が始まって5ヶ月くらいだから、これからまだ費用は発生する。

  1. メガネやコンタクトレンズを買い続けるコスト
  2. レーシックを受けるコスト
  3. オサートを受けるコスト

この3つを比較した場合、
JINSで5,000円のメガネを5年おきくらいに買い続けるとして10本買ったら5万円
レーシックの竹コースあたりを選ぶと20万円+診察代もろもろかかっても5万円もあれば十分足りるだろう。
オサートを受けたコストが現在治療中でおよそ44万円だから、価格だけ見るとメガネが一番安い。

まあこれはあくまでも、お金の問題のみ。私は、レーシックちょっと怖いなあ〜って思ったからこっちにしたわけだけど、価格以外の部分の何に重きを置くかは人それぞれの価値観次第かな〜