ミニマリストを目指す人のブログ

本当に必要なものを残すために、ひとつひとつの「モノ」「コト」と向き合い「必要か?必要か?と毎日問いかけている。

風邪をひいて、時間とお金の無駄に気づいた話

f:id:minicherry0817:20180508162337j:plain

風邪をひいた。
風邪をひくって、ものすごく無駄が多い。

咳がひどくて夜目が覚めてしまう。熟睡できないから翌朝はもちろん、1日寝不足でツライ。集中力も落ちる落ちる。

ゴールデンウィークだから病院空いてなくて困った。

仕方ないから近くの薬局へ行く。どの薬買うかで20分くらい迷う。薬を買うために1,382円の無駄遣い。ちょっといいランチが食べられる金額である。

会社に着いたら上司に心配される。明日休んでいいよと風邪のために取らなくてもいい有給を1日分無駄に消化する。

病院を見つけるのが大変。上司が紹介してくれた会社の近所の病院に電話をかけたら今日は予約でいっぱいですとのこと。電話するために5分ほど無駄に使ってしまった。

自宅近くの病院を探す。意外とちょうどいいところが見つからない。会社帰りはもうしまっていたり、明日休みだったり、総合病院だから診察まですごい時間かかりそうなところだったりと、病院探すために小一時間ほど無駄に使ってしまった。

予約ができない。とりあえず家から歩いて7分くらいかかる診療所に電話をかけてみたら。そしたら電話では予約を受け付けていないので、ネットで予約してくださいと言われた。ここでまた電話をかけるために5分ほど時間を無駄にした。

さらに、家に帰ってネット予約しようとその診療所のHPを開けたら、健康診断とか検査系の予約はできるのに普通の診察は予約ができなかった。しかもこれまで通り電話での予約もできますって書いてあって、「おい」と思った。多分この診療所とは縁がなかったのであろう。ネット検索と途中まで予約を試みようと10分ほど時間を無駄にしてしまった。

薬の効き目がよくわからない。それなのに20分も悩んで、薬剤師さんに相談すれば1人で悩まなくて済んだのにとあとで気づく。しかも漢方に即効性がないことを知っていたにも関わらず、自分がアホであることにも気づく。

ティッシュがどんどん減っていく。薬はそこそこ聞いているような気がするものの、相変わらず咳&痰で苦しむ。今年の年明け風邪ひいた時に買ったちょっと柔らかめのいいティッシュが減っていく。

 

このままではあかん。

今朝、気を取り直して再び病院探しにチャレンジ。
ここも予約制か…なに?一回メルアド登録して…う〜面倒臭いけど仕方ない。と登録して12時診察の予約完了。まあそうはいっても待つだろうと思いながら12分ほど歩いて11時50分に診療所に到着。かかった時間は問診から診察、会計までで25分くらい。処方箋もらって薬局で薬もらって10分くらい。で、処方してもらった薬はなんと!薬局で自分が選んだ漢方じゃん!

診察代と薬代で2,000円。1週間分の食材費になりそうな金額。

病院行かなくてもよかったんじゃないかとか、思った。
でもそもそもの原因は、風邪をひいたことにある。

原因ははっきりわかっている。
ゴールデンウィーク初日に、猫の譲渡会のボランティアに行って、6時間ほど外に立っているときに、ちょっと肌寒いかもとおもいつつ、まあ大丈夫とのんきに半袖で過ごしていたせい。

気づいたらくしゃみ連発。おや?
家に着いて御飯時、鼻すすっていたらシェアハウスのメンバーから、「風邪ひいた?」「ん〜そうかも。」

しかもゴールデンウィークが9連休だったから、毎日だらだらしていたせいもある。
会社行っていると毎朝だいたい7時くらいには起きてて、ご飯の時間も決まってて、夜も日付が変わる前には寝ていたのに、
友達と過ごしているうちに晩ごはんが抜けたり、昼ごはんが抜けたり、2時に寝たりが1回あっただけなのに、そこからずるずると生活リズムが不規則になってしまった。連休って恐ろしい。

有給を無駄に消費し、
薬買いに行ったり、病院探したり、病院行ったり、時間もお金も無駄にした。

でもよかったこともある。診療所の受付の女性たちがみんな親切だったこと。入った瞬間の笑顔の「こんにちは。」とか、帰り際に「スリッパお預かりしますね。」とか。
帰りにダイソー寄ったら店員の女性に「カゴどうぞ」って言ってもらえたりとか。
いつも通らない道を通ったら入ってみたいカフェが3件もあったりとか。

とりあえず、風邪をひくと時間とお金を無駄に使うことが発生する可能性があることに気づいた今年のゴールデンウィークであった。